100円からのコロガシ…ではない競馬満喫日記(仮)

競馬ファンの皆さんと交流サイト。予想なども随時行います!

【的中】レース回顧①と次走注目馬(阪神ダート1400mの特徴から) 2019年3月3日

こんばんは。K.K.です。

 

今日は2レース予想を載せてみましたが、1レースのみ的中でした。

反省が次につながると信じて、レース回顧です。

 

まずは的中した阪神1Rの3歳未勝利戦から。

推奨馬は7のアルデンテ(エンパイアメーカー産駒)でした。

結果は以下の通り。

f:id:horseracinglovers:20190303184724p:plain

  ↓全周パトロールは以下JRAホームページから↓

JRA日本中央競馬会

① 競馬メニュー ⇒ ② レース結果 ⇒ ③ 過去レース結果で『3月3日阪神1R』結果画面上部の『全周パトロール』ボタンクリック

 

予想通りアルデンテが先行をすんなり確保して、結果としては完勝。

 

阪神1400mダートは2コーナー奥の芝からスタートですが、

 

  1. スタート後平坦な直線が続くこともあり前半のペースが速くなりがち。
  2. ペースが落ちないままコーナーに入るため隊列が決まりづらく、また3、4コーナーでも前が広がりやすいため、先行して射程圏にいないと前を捉えられない。

 

といった理由のため、スタートが良くないと厳しいコース形態です。

 

最内枠は出負けすると終わり。

外枠は芝は長く走れるが全体のペースが速くなるため相当の行き脚を付けて先行しなければ厳しくなる傾向が高いです。

 

今回はまさにその展開通りの展開。

 

勝ったアルデンテ川田騎手は中枠を利して、スタートは早くなかったが早めに押っ付けて前が壁にならない位置を確保。

直線向いても自分のレースを淡々とこなし快勝でした。

 

一方2番人気のカリッサ岩田騎手も中段まずまずの位置を確保してロスなく運んだが、4コーナーで前が壁に。外が開いていたので持ち出して2着確保まで。

(逆に外が開かなければジエンド。)

 

3番人気のグレイシャスギャル藤岡騎手はスタートイマイチ&外のブーケアルメリア亀田騎手と接触した時点で厳しかった気がします。

 

次走の注目馬は松若騎手騎乗のホームアゲイン

3コーナー手前までは川田騎手が上手くポジションをとったため勝ち馬の外々を回され、これでは厳しいと考えた(であろう)松若騎手がインに潜り込み勝負へ。

ただ前が全く開く気配がなく結局勝ち馬の外にもう一度出して5着。

悪くないレース運びで、運がなかった気がします。