100円からのコロガシ…ではない競馬満喫日記(仮)

競馬ファンの皆さんと交流サイト。予想なども随時行います!

【的中】レース回顧と次走注目馬(中京ダート1800mの特徴から) 2019年3月10日

f:id:horseracinglovers:20190309191925j:plain

こんばんは。K.K.です。

金鯱賞はダノンプレミアムの完勝でしたね。休み明け関係なしの貫録勝ち。

オジュウチョウサンは次走春天なんですかね?私としては障害練習をもう一度やり直して中山GJに向かってほしいと期待しています。

 

それではレース回顧です。

今日は1レース掲載して、無事的中しました。

いくら配当が安くても当てることが重要です。 

参考にしてくださった皆様、本当にありがとうございました!

 

推奨レースは中京1R、推奨馬は6のベルキューズ(ヘニーヒューズ産駒)でした。

結果は以下の通りです。

※ ぜひパトロールビデオを見ながら記事を読んで欲しいです。

 

f:id:horseracinglovers:20190310183310j:plain

   ↓全周パトロールは以下JRAホームページから↓

JRA日本中央競馬会

① 競馬メニュー ⇒ ② レース結果 ⇒ ③ 過去レース結果で『3月10日中京1R』結果画面上部の『全周パトロール』ボタンクリック

 

結果は、想定通り人気を背負ったベルキューズがこれまでのレースとは異なり先行策でレースを進め、残り300mくらいで抜け出して抜群の手ごたえでほとんど追わず完勝でした。

 

前回のブログでも掲載しましたが、再度中京ダート1800mの 特徴を振り返ります。

 

『中京ダート1800mはスタンド前からのスタートで、ほぼ1周回ってくるコースになります。枠の有利不利は特になく、向こう正面まで登りが続き、そこから直線に入るまで下り、最後にまた坂があるというコース形態です。したがって向こう正面までに折り合って逃げ・先行できたダート向きの馬は、そのまま下りでもバテずにゴールまで脚を使えることになります。』

 

今回のレースで事前予想と違ったのは大きく1点。

前回のブログで『ダート変わり馬』に先行できる脚がないと書きましたが、実際は外のダート変わり馬2頭が前に行ったことです。

これは反省点です。

減量騎手の中でも積極的な競馬ができ、また最後まで追える騎手である西村敦也騎手と横山武史騎手なら、一発を狙うため前に行く可能性があることは考慮しなければいけませんでした。

 この2頭に外枠のベターハーフも前に行ったことでペースが速くなりました。スローペースではありませんでしたね。

結果としてこの前に行ってハイペースを作った3頭は脚が残らず8~10着と惨敗しました。

(この3頭はそれぞれがこういうレースしか勝ち目はなかったと思います。)

 勝ったベルキューズ川田騎手はいつでも抜けれる位置を確保して、ハイペースにも動じず完勝でしたね。

 

次走の注目馬も川田騎手騎乗のベルキューズ。

 

 ハイペースで前がつぶれる中、余裕の手ごたえで勝利できたのは、見どころたっぷりでした。中京開催で同距離のレースになっても、今日のペースを経験できたことでレースがしやすくなるはずです。

ぜひ注目しましょう!

 

2着馬の義騎手騎乗のアマリリステソーロは、展開が向いたにしてもいいレースでした。義騎手も安定した騎乗ができる良い騎手ですので、次走も展開次第で好走もあると思います。

 

今日も読んでいただいてありがとうございました。

次回も皆様と一緒に競馬を楽しめればと思います。

それではまた。