100円からのコロガシ…ではない競馬満喫日記(仮)

競馬ファンの皆さんと交流サイト。予想なども随時行います!

【3レース中2レース的中】レース回顧①と次走注目馬 2019年3月16日(土)

f:id:horseracinglovers:20190309191925j:plain

こんばんは。K.K.です。

 3月16日(土)分は3レース予想して2レースの的中でした。

次走に向けての反省はきっちりしましょう。一緒にパトロールビデオを見ながら振り返りましょう。 

 

  ↓全周パトロールは以下JRAホームページから↓

JRA日本中央競馬会

① 競馬メニュー ⇒ ② レース結果 ⇒ ③ 過去レース結果で各レースの結果画面上部の『全周パトロール』ボタンクリック

 

 

【中京】1R 3歳未勝利 ダート1800m

7番 ルプレジール:岩田望来騎手

結果:2着(的中)複勝110円

『中京ダート1800mはスタンド前からのスタートで、ほぼ1周回ってくるコースになります。枠の有利不利は特になく、向こう正面まで登りが続き、そこから直線に入るまで下り、最後にまた坂があるというコース形態です。したがって向こう正面までに折り合って逃げ・先行できたダート向きの馬は、そのまま下りでもバテずにゴールまで脚を使えることになります。』

ルプレジールは好スタートを切って、馬なりのまま4、5番手を確保。コース特徴からも前有利であるため、できれば減量を活かして押してでも前に行ってほしかったです。直線まで好位で折り合い、直線では他馬と同じような脚で2着確保。勝ち馬のカグラヒメは2番手から進めて粘りこんで1着。このレースは騎手の経験差が出ました。

(ペースによっては2着確保できない可能性もあったと思いますので、確勝ではなかったですね。少し反省です。)

次走の注目馬は岩田望来騎手騎乗のルプレジール

レース後岩田望来騎手が控えてしまったことを反省するコメントをしていました。岩田騎手が騎乗する場合、次走はもっと積極的なレースをすると思います。今回のレースでは上がり3ハロン39.5でバテずに最後まで頑張っていますので、次走は同距離同コースで粘りこめるます。

 

【阪神】2R 3歳未勝利 ダート1400m

7番 グランデラムジー:松若風馬騎手

結果:8着(不的中)

参考にしていただいた皆さん、申し訳ありませんでした。グランデラムジーはスタートで後手を踏んでしまい、いいポジションをとれず中段からのレース。インをロスなく運んだが、全く伸ばせず8着惨敗。松若騎手曰くテンションが高かったとのことで、スタートがすべてのレースでした。

ここで反省を込めて、阪神ダート1400mの特徴を確認しておきます。

『阪神ダート1400mは2コーナー奥のポケットにある芝からのスタートになります。芝を長く走れることで外枠有利で、また直線の残り200mまでフラットもしくは下りが続くため、逃げ・先行馬が圧倒的に有利なコース形態です。したがって内枠の逃げ・先行馬はスタートを失敗してしまうと厳しいレースとなり、スタートが重要であるという点で後入れの偶数枠を狙いたいコースとなります。』

次走の注目馬は川島信二騎手騎乗のマサノバルサー

前走阪神ダート1200m新馬戦では出遅れてペースについていけなかったが、上がり最速をくり出して7着。今回も1枠1番で大きく出遅れて最後方からのレース。外々を廻して前走同様上がり最速をたたき出して3着。200m距離を伸ばしたことでレースがしやすくなった上に再度同じ足を見せることができたので、多少大味のレースをしても次走も好勝負可能だと思います。

 

【中山】 10R 韓国馬事会杯 ダート 1800m

8番 ゴライアス:浜中俊騎手

結果:1着(的中)複勝210円

『中山ダート1800mは直線入口の『中山直線の坂下』からスタート。1コーナーと2コーナーの間まで登り続け、2コーナーから下り続け、直線のころ200mで急な上り坂があるコース形態です。したがって、スタート後のペースは上がらず、内枠の逃げ・先行馬がスタートをミスすると、後方待機せざるを得なくなることや、スタート後直線が長いこととペースが落ち着くことで脚質に関わらず位置がとりやすいことなどから、外枠が有利なコースになります。』

ゴライアスは好スタートからマイペースの逃げ。前走の初茜賞と同ペースで刻んで直線でも後続馬に抜かせず完勝。浜中騎手の好騎乗が光ったレースでした。

次走の注目馬はM・デムーロ騎手騎乗のルフォール

徹底マークをすると思われたM・デムーロ騎手騎乗のルフォールは1コーナー入るまでの位置が悪く、向こう正面でペースアップしたかったにもかかわらず外々を廻らされていたため大きく位置を上げることができず。自身のレースはしているため、次走内枠に入らなければ勝ち切ることができるのではと思います。

 

次回は3/17(日)分のレース回顧を行いますので、ぜひチェックしてくださいね!